The moment

thatmoment.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:機材( 5 )


2010年 02月 09日

Power up

空港で、1D Mark IV+サンニッパ+ダブルテレコンを使ってみました。
ほんの少しですが、前機よりAFがスムーズになっているような気が。(パワーアップ?)
静止物や、ゆっくりした動体なら、AF+MFアシストで十分撮れる感じです。

近くにいたヒヨドリを撮った時、ISO10000まであげてみましたが、ある程度明るい状況で、ブログにUPするくらいのサイズだったら、十分な画質ですね。

b0190054_6402075.jpg

EOS-1D Mark IV、EF24-105mm F4LIS USM、1/125sec、F8、ISO200

b0190054_6402933.jpg

EOS-1D Mark IV、EF16-35mm F2.8LII USM、1/250sec、F11、ISO200

b0190054_6403957.jpg

EOS-1D Mark IV、EF300mm F2.8LIS USM+EXTENDER EF1.4XII+EF2XII、1/500sec、F13、ISO1000

b0190054_6405039.jpg

EOS-1D Mark IV、EF300mm F2.8LIS USM+EXTENDER EF1.4XII+EF2XII、1/500sec、F11、ISO10000
[PR]

by z-design | 2010-02-09 06:44 | 機材
2009年 11月 17日

EOS-1D MarkIV

12月下旬発売予定の「EOS-1D MarkIV」。
発表日にとりあえず予約、資金の目処も立ちそうなので、購入予定です。

7Dに満載された新機能が、当然搭載されるものだと思っていましたが、そうではありませんでした。
そこで、キヤノンにこの件について問い合わせてみることにしました。

以下、キヤノンの回答の抜粋です。

・1D MarkIVは、1D MarkIIIの基本性能の向上を目指した機種。
・7Dで採用しているiFLC測光は未搭載。
・調光制御アルゴリズムは7Dと同等になり、1D MarkIIIで広角系のレンズで小さい被写体をストロボ撮影する際にオーバー傾向になる問題点を改善し、追従が安定。
・CMOSセンサーが以前より低ノイズになったことで、低輝度、低コントラストの環境での、AF検出精度が向上。
・7DのゾーンAFはないが、カメラの姿勢に応じたAFフレーム(正面・縦位置グリップ上・縦位置グリップ下)を個別に登録可能。
・7Dに搭載した新機能で、1D MarkIVに採用しなかった機能については、弊社関連部署に報告し今後の参考とする。

1D4は確かに進化はしていますが、フルチェンジとまではいかなかった印象です。(1D5に期待)
個人的には、7Dの「デュアルアクシス電子水準器」「インテリジェントビューファインダー」は搭載して欲しかったですね。

キヤノンは、一般ユーザーの素朴な質問に対しても懇切丁寧に回答してくれますので、疑問に思ったことは問い合わせてみることをおすすめします。


b0190054_23141747.jpg

[PR]

by z-design | 2009-11-17 23:08 | 機材
2009年 10月 21日

Double telecon test

サンニッパを購入して試してみたかったことがあります。
EXTENDERのEF1.4X IIとEF2X IIを同時に付けてもAFが使えるのか?

カタカタカタッと、なにやら怪しげで壊れそう?な音はしますが、とりあえず動きます。
何故か、開放F値は5.6のまま。EF1.4X IIを認識していないのかな?
描写も、少し絞ってピンさえくれば、結構使えそう。
ヒコーキ相手に試してみましたが、AIサーボでも一旦捕捉してしまえば、追従はしてくれました。

しかし、さすがに屋外で1000mm超の焦点距離で撮ると、もろに大気の影響を受けます。
至近距離だと問題ない感じですが、絞る分SSは落ちるし、用途は限られてきそう。
ただ、いざとなれば使えるというのは、心強かったりします。

b0190054_1264799.jpg

EOS-1D MarkIII、EF300mm F2.8LIS USM+EXTENDER EF1.4XII+EF2XII、1/500sec、F11、ISO400

b0190054_1271010.jpg

EOS-1D MarkIII、EF300mm F2.8LIS USM+EXTENDER EF1.4XII+EF2XII、1/125sec、F22、ISO200

b0190054_127294.jpg

EOS-1D MarkIII、EF300mm F2.8LIS USM+EXTENDER EF2XII、1/320sec、F8、ISO200

b0190054_128166.jpg

EOS-1D MarkIII、EF300mm F2.8LIS USM+EXTENDER EF2XII、1/50sec、F8、ISO1600
[PR]

by z-design | 2009-10-21 23:59 | 機材
2009年 09月 14日

HDR retouching software

現在、試しに使っているHDRソフト「Photomatix Pro 3.0」。
調整に慣れと時間が必要ですが、面白い表現ができます。

でも、使用頻度の問題もあるし、製品版を買うべきか悩みます・・・。

b0190054_073778.jpg

EOS-1D MarkIII、EF24-105mm F4LIS USM、1/15sec、F8、ISO400、HDR処理
[PR]

by z-design | 2009-09-14 00:11 | 機材
2009年 09月 03日

「EOS 7D」 Announcement

キヤノンがついに、APS-Cフラッグシップ機「EOS 7D」 を発表しました。
「APS-Cクラスのデジタル一眼レフカメラで、EOS 7Dほどの性能があるカメラはどこにもない。市場拡大の決定版になる。」というほどの自信作。

確かに高性能かつ新機能満載で魅力的ですが、唯一気になるのが1,800万画素CMOSセンサーの高感度画質。
ニコンがそうであるように、高感度低ノイズと評価されるには画素数は上げない方が有利。
ただ、高画素と高感度低ノイズの両立を目指すキヤノンの志は、評価できるものだと思います。
M-RAWの1,010万画素というのは、1D3ユーザーを考慮してのものなのかもしれませんが、こちらの画質はどうなんでしょうね。

更に気になるのは、遅くとも今年末から来年にかけて登場するであろう、1D系後継機のスペック。
5D2の画素ピッチから計算して、現在の技術だと、APS-Hで1,200万画素くらいがバランス的にベストだと思うのですが、今の流れだと、もっと高画素になってしまうんでしょうか・・・。

店頭でもらってきたEOS 7Dのカタログ内に、メーカー開発者の声が掲載されていました。

"動く被写体を捕捉するAIサーボAFも追従精度を高めた。それがAIサーボAFIIだ。
「追従性能を高めれば、被写体をずっと追い続ける。つまり、ピントも合うだろうという発想でした。」"

とあります。これは楽しみですね。

b0190054_634979.jpg

EOS-1D MarkIII、EF100-400mm F4.5-5.6LIS USM+EXTENDER EF1.4XII、1/2000sec、F8、ISO200

b0190054_133968.jpg

EOS-1D MarkIII、EF100-400mm F4.5-5.6LIS USM+EXTENDER EF1.4XII、1/1250sec、F8、ISO200
[PR]

by z-design | 2009-09-03 00:52 | 機材